NISAのロールオーバー【問題点、デメリット、落とし穴】

NISAのロールオーバー【問題点、デメリット、落とし穴】

ロールオーバー

 

・NISAは毎年100万円ずつ、5年間投資できます。これはご存知ですね。
でもロールオーバーをつかえば非課税枠は最長10年間あるのです。

 

NISA

・おさらいです
非課税となる額と期間:・毎年100万円・最長5年間。
制度の対象となる期間:2014年〜2023年。

 

 

・5年で非課税期間が終了しましたら、3つの選択肢があります。
通常の口座(一般口座、特定口座)に移す。
売却
ロールオーバー

 

・通常の口座(一般口座、特定口座)に移して運用すれば、課税の対象ですね。

 

・さてここからがロールオーバーのおはなしです。

 

5年経ったNISA口座のうち100万円以内を、
さらに非課税口座を使った投資をはじめることができます。

 

例えば
2014年にNISA口座で100万円投資したA投信
2018年には120万円になったとしましょう。
          ↓
2019年に、
その120万円のうち100万円を、新たに5年間非課税で運用できます。
その120万円のうち20万円は通常の口座(一般口座、特定口座)に移すか、
売却ですね。

 

これがロールオーバーです。
NISAの非課税期間は最長5年ですが
さらに最長5年の非課税期間を利用することができるということです。

 

2014年にはじめた投資は⇒2018年12月末まで
2015年にはじめた投資は⇒2019年12月末まで
2016年にはじめた投資は⇒2020年12月末まで
2017年にはじめた投資は⇒2021年12月末まで
2018年にはじめた投資は⇒2022年12月末まで
2019年にはじめた投資は⇒2023年12月末まで

 

ハイここまで。
先ほど「ロールオーバーをつかえば非課税枠は最長10年間ある」と申しました。
2014年の年頭から2023年12月末までで10年間です。

 

NISAでは、預けた年から起算して5年目の年末に1度だけ、
ロールオーバーできるのです。

 

 

 

 

・くどいようですが、もう少しお話しします。

 

下がった場合です。
例えば
2014年にNISA口座で100万円投資したB投信
2018年には80万円になったとしましょう。

2019年に、その80万円をロールオーバーして
さらに20万円分の運用ができます。

 

ロールオーバーの問題点、デメリット、落とし穴 

 

 

先ほど「例え」で示したものは
A投信B投信でした。

 

なぜ株ではなくA、Bとも例として投資信託なのかを申しますと、
はなしがめんどうで、ややこしくなりそうでしたから。

 

投資信託でしたら「金額指定」で100万円分だけ非課税口座に残せ    ますから、
枠を使い切ることができるわけです。わかりやすい。

 

投資信託でのロールオーバーはもうお分かりでしょうから、
それでは、「株」でいきますよ。

 

株への投資は単元株(売買できる最小の株数単位)ごとですから。
例えば
2014年1単元50万円のC株を2単元株分100万円購入したものが
2018年1単元60万円、合計120万円になったとします。

 

2019年ロールオーバーできるのは100万円ではなく、1単元分(60万円)です。
残りの1単元分(60万円)は通常の口座(一般口座、特定口座)に移すか、売却 です。
ということは、2019年追加枠は40万円あります。

 

ETFでもJ-REITでも株と同様のことがいえますね。

 

 

このあたりが、ロールオーバーの問題点、デメリット、落とし穴、
というわけです。

 

NISAは投資信託と相性が良い、というのは、このようなこともあるからです。

 

新聞を見ますと、金融庁では
「NISAの利用状況を見ながら使いやすい制度への見直しを検討」、と言っていますから、ゆくゆくは英国ISAのように恒久化ということもあるかもしれませんね。

 

 

こちらのページには図入りで
株価が5年後に上がっていた場合と、
株価が5年後に下がっていた場合を比べて載せてあります。
   
NISA5年後の落とし穴

関連ページ

少額投資非課税制度NISA・資産運用初心者に朗報!?
「少額投資非課税制度」2014年1月から始まる。 個人資産が増やしやすくなるのだろうか。
NISA(少額投資非課税制)で何ができるの?
少額投資非課税制(NISA=日本版ISA)で できることと、できないことを わかりやすくご説明しようと試みてみます。
NISAの 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」
NISA(少額投資非課税制度)への関心が高まっています。 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」を探ってみましょう。
NISA(少額投資非課税制度)・問題点と期待と
前回は 「NISAの デメリット・問題点・落とし穴」でしたが 今回は同じテーマを「NISAへの期待」としてお話します。
NISA口座はどこで開設するのがいいのか
NISA口座開設の決め手はあるのでしょうか 証券会社、投資信託会社、銀行・・・・ ネット証券もありますねぇ・・・ どこがいいのでしょうか
NISAの決め方【1】《初心者だって もう迷わない!!》
NISA口座をどこの金融機関で開き、どのようにNISA口座をどこの金融機関で開き、どのように運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・ このページでは金融機関のキャンペーンを取り上げました。運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・
NISAの決め方【2】《 NISA口座を比較!》
金融機関のNISA口座取扱い商品を比較して表にしました。 目的に応じた投資タイプを。 初心者もベテランも、もう迷わない!!
NISA口座/決め方【3】 《ネット証券と投資信託》
NISAを活用しての資産設計にあたり、 ネット証券の投資信託にフォーカスしてみると・・・
NISA 活用法【1】《投資信託をわかりやすく》
ニーサの選び方・初心者講座 運用にはなぜ投資信託がよいのか 長期投資ってなん年間?
NISAの落とし穴(第2回)
NISAの 「デメリット」「問題点」「落とし穴」シリーズの第2回目です。 ニーサ口座開設は銀行ですか、証券会社ですか。
NISAの落とし穴(第3回)
ニーサ(少額投資非課税制度)の問題点について。 5年後のシミュレーションで、非課税枠を検証します。
NISAの落とし穴(第4回)【分配型の落とし穴】
NISA年代別活用法 投資信託の分配型には落とし穴も・・ 今回は20〜40歳代の投資初心者を想定しての NISA活用法を探ってまいります。
NISAの落とし穴(第5回)【世代別NISA活用法】
初心者でもわかる! 貯める資産運用から増やす資産運用へ。 ●暫くは今話題のNISA(少額投資非課税制度)のお話が続きます 小額から始めて、安全・確実に資産を増やすためには、 投資のための正しい知識が不可欠です。
NISAの落とし穴「口座開設直前対策」 篇
NISAの受け付けがはじまりました。あせることはありません。 NISA口座を開設する前に、制度の基本と注意点を復習しておきましょう
ニーサの参考書
NISAの申し込み受け付けがはじまりました。 たくさんの参考書のなかから おすすめできるものを掲げます。
NISAと確定拠出年金/落とし穴、問題点、デメリット
「確定拠出年金・限度額の引き上げ来秋に」という報道がありました。  1月からNISAもはじまります。どちらも非課税という共通点ではありますが・・・。 NISAと確定拠出年金を検証してみましょう。 確定拠出年金の落とし穴、問題点、デメリット
NISA口座 毎年変更可能に・・・
NISA(少額投資非課税制度)口座開設の金融機関を 毎年変更できるようなる・・・・2015年から・・
NISA落とし穴【非課税枠の拡大と金融機関の変更可】
NISAの非課税枠の拡大の動き、そして 平成26年度税制改正による、 NISA口座の金融機関の変更、勘定期間内の再開設可能という話題を追ってみます。
ニーサの参考書 2014年
昨年NISAが始動する前に何冊かの参考書をご紹介しました。 数ヶ月が経った今も、様々な本やムック等が刊行されています。 (さっとですが)読んでみたものを取り上げていきます。