資産運用

資産運用 初心者のために●

資産運用を考えたとき、投資する金額は、大変重要かつ基本的な問題のひとつです。
一般的には、家計から投資する金額が出されるのですから、
いくらなら大丈夫なのか、また、資産運用を考えて、どのくらいを投資するのかなど・・・判断が難しいところです。
ここで間違うと、いつまでたっても目標や目的が達成できなかったり、
無理な利益を狙ったりしてしまうことになります。
そのようなことがないように、計画的に資産運用の投資金額を考えてみましょう。

家庭生活の中で、いざというときのための予備資金として、
月収の3ヶ月〜6ヶ月のお金を置いておくといいといわれています。
積極的に資産運用を考え、投資しようと思うのであれば、
月収30万円の人は、90万円〜180万円くらいを確保しておき、
それを超える毎月の金額を、継続して投資していくことを考えればいいのではないでしょうか。

この方法は、ほとんどの人に適用できます。資産運用を考え、投資の基本として、
家計内の投資金額をじっくり考えましょう。
<中島・記>/11/07/2006

資産運用をお考えですか。これからのライフプランを立てていますか?現在おかれている立場によって、それぞれ考え方は異なると思います。人生においては、老後・教育・住宅などと、多くの資金が必要となります。これからのライフプランを考えると、経済的な不安をまず、払拭したいものです。将来の経済的不安のひとつは、収...

日銀は物価上昇率2%の早期実現を目論んで、金融政策を発表しました。今回は物価上昇に即した資産運用を考えてみましょう。日銀の展望レポート(2013年4月)による物価上昇率の見通しです。↓  ↓  ↓2013年度 は 前年度比0.7%2014年度       1.4%2015年度    1.9%http...

〓〓貯めるから増やすへの一歩〓〓近頃は、デフレからインフレへ動いていくだろうかという話題で持ち切りですね。もし世の中がデフレからインフレへ動いていくのでしたら、資産運用の糸口がそこにあるかもしれません。インフレ時代到来ということになりますと、資産運用をする方とやらない方にはっきり分かれていくでしょう...