固定資産と資産運用

固定資産と資産運用

資産運用を考えるうえで、固定資産は、重要な意味を持ち、注意することのひとつでもあります。
固定資産とは、田・畑・山林・原野・宅地・雑種地・牧場などの土地だけをいうのではなく、住宅・物置・工場・店舗・事務所などの家屋もあります。
そして、償却資産と呼ばれる、機械・車輌・備品・装置・構築物などの、土地家屋以外の事業用資産で、無形資産を除くものも含まれ、その総称として「固定資産」といいます。
固定資産の価格は、評価額といわれ、固定資産課税台帳に登録されます。
評価額の決定は、固定資産評価基準で定められた一定の基準で評価されます。
固定資産の評価額は、固定資産を所有する人にかかる固定資産税の額を算出するためのもとになるもので、資産運用を考える人にとって、この固定資産税は大変重要なものです。
11/20/2006