NISA口座/決め方【3】 《ネット証券と投資信託》

NISA口座/決め方【3】 《ネット証券と投資信託》

NISA手数料 ネット証券は無料化への動き

 

先日来NISA(少額投資非課税制度)口座開設に関するお話を続けていますが、
証券会社や銀行など金融機関のNISAに対する取り組みと言いますか、
宣伝合戦はますます熱を帯びてきました。
 
どこで口座を開設するのかを選ぶ際には
 
 
まずはどのような商品を選ぶかが先決ですと
申し上げてきました。
 
商品を決める際には手数料なども大きくかかわってまいりますね。
ネット証券を中心に手数料の無料化が目立ってまいりました。

 

カブドットコム証券は買付け手数料を5年間ゼロにしました。
 カブドットコムでは2014年の1年間だけ買付け手数料無料でしたが
これを2018年まで延長するそうです。
対象はNISA口座国内株式(現物株式・ETF(ETN)・REIT)の買付手数料です。
さらにカブドットコムではNISA口座契約者を対象に、他の手数料割引プランと併用が出来るサービスもあります。

 

松井証券もNISA口座内の手数量を無料にしましたね。こちらは無期限です。【恒久無料】と謳っています。 
松井証券のNISA対象商品は上場株式、ETF/ETN、REIT(現物取引)がありますが、いずれも買い付け、売却とも金額に関わらず無料ということです。

 

楽天証券NISA口座は国内株式手数料が一律105円で、
手数料ゼロ円の投信(ノーロード投資信託)が約350本もあります。

 

SBI証券のNISAは国内株式手数料が一律52円(2014年分)で、
手数料ゼロ円の投信(ノーロード投資信託)が385本(2013年8月8日現在)あります。

 

NISA口座・ネット証券と投資信託

 

 

先日次のように申しました。
NISA口座開設 あせらずに 慎重に決めよう 
 

 

そして

 

NISA口座をきっかけに投資したいのだが、
ある程度まとまった金額となるとムリという方には、
積み立て方式の投資信託をおすすめしました。

 

どこでNISA口座を開設するのかは
どの投信を選ぶのかが先決であるとも申しました。

 

ネット証券には数多くの投信があり
選択肢が豊富です。

 

さらに今回ご紹介しましたようにネット証券は
手数料も割安であったりノーロード商品があったりで
運用にも利点がありそうです。

 

ところが数多くの選択肢があるということは
決め手を持たないと、かえって不便なことになります

 

手数料も安いに越したことは
ありませんが、実際のところ、それだけでは決め手になり得ませんね。

 

また以前にも触れましたが、初心者の中には、
実店舗のある証券会社や銀行の窓口で
説明を聞いたり、相談しながら投信の運用を考えておいでの方もいらっしゃいます。

 

しかし、
窓口で本当に良いものをすすめてくれるのでしょうか。
投資信託の販売会社もショーバイですから、
結局売りやすいものをすすめられるのでは?とか
購入時手数料目当ての投信をすすめられるなんてことになりはしまいか
という懸念もなくはありません。

 

じゃぁどうすりゃいいの。

 

やはり決定はご自身でなさるしかないようです。
でも世の中に投資信託は3000本以上もあります。
どれを、どうやって選べばいいのでしょうか。

 

まずは投資信託の仕組みを知らなければなりません。

 

どなたにも適した投資信託商品はないかもしれません。
それぞれに条件を当てはめてNISAを活用した資産運用を考えてみました。

 

次回へつづく

 

8月26日/記
●免責事項
記載された情報・内容には、証券会社それぞれのホームページをもとにしております。慎重を期して掲載しておりますが、誤認や錯誤があるといけませんので、必ずご確認してください。当サイトの情報によって利用者の方が損害を被った場合でも当方は一切責任を負えませんので、利用者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さいませ。

関連ページ

少額投資非課税制度NISA・資産運用初心者に朗報!?
「少額投資非課税制度」2014年1月から始まる。 個人資産が増やしやすくなるのだろうか。
NISA(少額投資非課税制)で何ができるの?
少額投資非課税制(NISA=日本版ISA)で できることと、できないことを わかりやすくご説明しようと試みてみます。
NISAの 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」
NISA(少額投資非課税制度)への関心が高まっています。 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」を探ってみましょう。
NISA(少額投資非課税制度)・問題点と期待と
前回は 「NISAの デメリット・問題点・落とし穴」でしたが 今回は同じテーマを「NISAへの期待」としてお話します。
NISA口座はどこで開設するのがいいのか
NISA口座開設の決め手はあるのでしょうか 証券会社、投資信託会社、銀行・・・・ ネット証券もありますねぇ・・・ どこがいいのでしょうか
NISAの決め方【1】《初心者だって もう迷わない!!》
NISA口座をどこの金融機関で開き、どのようにNISA口座をどこの金融機関で開き、どのように運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・ このページでは金融機関のキャンペーンを取り上げました。運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・
NISAの決め方【2】《 NISA口座を比較!》
金融機関のNISA口座取扱い商品を比較して表にしました。 目的に応じた投資タイプを。 初心者もベテランも、もう迷わない!!
NISA 活用法【1】《投資信託をわかりやすく》
ニーサの選び方・初心者講座 運用にはなぜ投資信託がよいのか 長期投資ってなん年間?
NISAの落とし穴(第2回)
NISAの 「デメリット」「問題点」「落とし穴」シリーズの第2回目です。 ニーサ口座開設は銀行ですか、証券会社ですか。
NISAの落とし穴(第3回)
ニーサ(少額投資非課税制度)の問題点について。 5年後のシミュレーションで、非課税枠を検証します。
NISAの落とし穴(第4回)【分配型の落とし穴】
NISA年代別活用法 投資信託の分配型には落とし穴も・・ 今回は20〜40歳代の投資初心者を想定しての NISA活用法を探ってまいります。
NISAの落とし穴(第5回)【世代別NISA活用法】
初心者でもわかる! 貯める資産運用から増やす資産運用へ。 ●暫くは今話題のNISA(少額投資非課税制度)のお話が続きます 小額から始めて、安全・確実に資産を増やすためには、 投資のための正しい知識が不可欠です。
NISAの落とし穴「口座開設直前対策」 篇
NISAの受け付けがはじまりました。あせることはありません。 NISA口座を開設する前に、制度の基本と注意点を復習しておきましょう
NISAのロールオーバー【問題点、デメリット、落とし穴】
NISAのおはなしで、わかりにくいのが「ロールオーバー」のようです。 そこで、わかりやすいロールオーバーの解説をこころみました。 図無しでも、わかるロールオーバー。
ニーサの参考書
NISAの申し込み受け付けがはじまりました。 たくさんの参考書のなかから おすすめできるものを掲げます。
NISAと確定拠出年金/落とし穴、問題点、デメリット
「確定拠出年金・限度額の引き上げ来秋に」という報道がありました。  1月からNISAもはじまります。どちらも非課税という共通点ではありますが・・・。 NISAと確定拠出年金を検証してみましょう。 確定拠出年金の落とし穴、問題点、デメリット
NISA口座 毎年変更可能に・・・
NISA(少額投資非課税制度)口座開設の金融機関を 毎年変更できるようなる・・・・2015年から・・
NISA落とし穴【非課税枠の拡大と金融機関の変更可】
NISAの非課税枠の拡大の動き、そして 平成26年度税制改正による、 NISA口座の金融機関の変更、勘定期間内の再開設可能という話題を追ってみます。
ニーサの参考書 2014年
昨年NISAが始動する前に何冊かの参考書をご紹介しました。 数ヶ月が経った今も、様々な本やムック等が刊行されています。 (さっとですが)読んでみたものを取り上げていきます。