国内債権投資で資産運用:

国内債権投資で資産運用:

資産運用の活用方法の一つに「国内債権」が注目を浴びています。
国内債権とは、国が必要なお金(資金)を調達する際に、借り入れ証書として発行する債券のことです。
資産運用などのために投資したお金を、国が借りた際に証拠として発券するのが国内債権の証券になります。
最近では証券を証書などで発行せずに、ペーパーレスの国内債権が発行されてるようです。
このように、投資家から集めたお金は国は期限になりますと利子を付けて返してくれます。
この利子が、銀行などの定期預金に比べますと利率が高い事が多いですので、資産運用の活用方法として国内債権が人気が高いポイントとなっているようです。
また、国内債権は国が発行する債券ですので、元金も利息も国よって補償されていますので、安心して貸すことができるのも、人気が高い一つになっているようです。
01/19/2007 09:05:30 PM