NISAの落とし穴(第4回)【分配型の落とし穴】

NISAの落とし穴(第4回)【分配型の落とし穴】

当サイトでは
NISAでの運用は投資信託が向いているというお話を続けてきました。

 

 

それぞれの投資家が異なる背景をおもちですから
一律に同じ商品が適しているとは申せません。

 

たとえば60歳代後半の方でしたら、
20代30代とはちがい、
年間100万円の資金はさほど大きなものではないかもしれません。

 

投資できる金額や年齢、あるいはリスクに対するお考えなど
さまざまです。

 

そこで、年代層に分けて
NISA投資の活用法を考えてみましょう。

 

年代層によってわけての考察はやや類型的、教科書風になろうかとも思いますが、
投資「初心者」を念頭に置いてすすめてまいります。

 

 

今回は、
投資信託の「分配型には落とし穴も・・」と題してお届けします。

 

   投資信託の分配型って?

投資信託の分配型には落とし穴も・・

 

年代別NISAの活用法の第1回目です。
ここで
想定している年代は20〜40歳代です

 

 

NISA 活用法【1】
では「長期投資と投資信託のはなし」と題しまして
長期に渡っての運用は複利の力を強める
と申しました。

 

仮に現在30歳の人が
毎月々月3万7千円を積み立てて年利5%で運用すれば
60歳までに3,000万円がたまる計算になります。

 

元利合計30,97A3,791円 [元本総額:13,320,000円、運用益(利息):17,653,791円、
利益率:132.5%]

 

↑これが複利の力ですね。

 

NISA口座で運用することを考えてみましょう。
毎月4万円の投資を行ったとします。
年間48万円(4万×12月)
この1年間の48万円が5年後に、50万円に増えたとします。仮定です。
この50万円と5年目の年間投資48万円を足すと、
6年目の投資額は98万円になります

 

・2年目の48万円も5年後に、50万円に増えたとします。仮定です。
・この50万円と6年目の年間投資48万円を足すと、
7年目の投資額も98万円になります。

 

 

上の例でもうしますと年間拠出額上限のの100万円に届いていませんので、
全額98万円を6年目に移管できることになります。

 

上記のようにこれを繰り返していけば
NISAでは最大500万円まで非課税で運用できるわけです。
毎年の48万円が五年後に毎回50万円になるというのは現実にはないでしょう。
収益には変動がありましょうから、大きく増えることも減ることもあります

 

それにしても、これを分配型で運用してしましますと、
福利効果が得られません。

 

ですから
投資信託であっても分配型はおすすめできません。

 

さらに重要なのは、分配型では
NISAの非課税枠の恩恵が得られない投資
、ということになってしまいます。

 

福利効果とNISAを活用という意味においても、
分配型投資は避けて資金を途中で引き出すことなく
資産の増大を計画することが肝要かと思います。

 

投資信託の分配型について

 

投資信託の分配型について少し触れておきます。

 

投資信託の分配型は
保有者に「分配金」を定期的に支払うものです。
最近は毎月分配型が好まれる傾向にあるようです。
そのほか支給頻度は年1回、年2回、3カ月ごとなどとさまざまです。
分配金の主な原資は運用益で、支給額はそれぞれ異なります。

 

運用益からではなく、元本を取り崩して支払われる分配もあり
注意が必要です。(運用成績が悪い場合には基準価格が減少して、原資の目減りが避けられないということになります。)

 

●運用益が原資の分配金を「普通分配金」と言います。
●元本払い戻しの分配金は「特別分配金」といって区分されています。
分配金の「普通分配金」に限定する規制の動きもあるようです。
「普通分配金」「特別分配金」は取引残高報告書などで確認することが大事です。

 

投資信託は投資ですから元本が保証されてはいません。
「高利回り」「高分配」などのうたい文句にまどうことなく、
リスクはきちんと理解して活用したいものです。

 

 

20代から40代の現役世代が
長期の投資を視野に入れて、NISAを活用するなら
特別分配金でも普通分配金であっても
投資信託の分配型は避けるべきだと考えます。

関連ページ

少額投資非課税制度NISA・資産運用初心者に朗報!?
「少額投資非課税制度」2014年1月から始まる。 個人資産が増やしやすくなるのだろうか。
NISA(少額投資非課税制)で何ができるの?
少額投資非課税制(NISA=日本版ISA)で できることと、できないことを わかりやすくご説明しようと試みてみます。
NISAの 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」
NISA(少額投資非課税制度)への関心が高まっています。 「デメリット」、「問題点」、「落とし穴」を探ってみましょう。
NISA(少額投資非課税制度)・問題点と期待と
前回は 「NISAの デメリット・問題点・落とし穴」でしたが 今回は同じテーマを「NISAへの期待」としてお話します。
NISA口座はどこで開設するのがいいのか
NISA口座開設の決め手はあるのでしょうか 証券会社、投資信託会社、銀行・・・・ ネット証券もありますねぇ・・・ どこがいいのでしょうか
NISAの決め方【1】《初心者だって もう迷わない!!》
NISA口座をどこの金融機関で開き、どのようにNISA口座をどこの金融機関で開き、どのように運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・ このページでは金融機関のキャンペーンを取り上げました。運用するのか。 各金融機関の取り扱い商品とサービスを知っておきたい・・
NISAの決め方【2】《 NISA口座を比較!》
金融機関のNISA口座取扱い商品を比較して表にしました。 目的に応じた投資タイプを。 初心者もベテランも、もう迷わない!!
NISA口座/決め方【3】 《ネット証券と投資信託》
NISAを活用しての資産設計にあたり、 ネット証券の投資信託にフォーカスしてみると・・・
NISA 活用法【1】《投資信託をわかりやすく》
ニーサの選び方・初心者講座 運用にはなぜ投資信託がよいのか 長期投資ってなん年間?
NISAの落とし穴(第2回)
NISAの 「デメリット」「問題点」「落とし穴」シリーズの第2回目です。 ニーサ口座開設は銀行ですか、証券会社ですか。
NISAの落とし穴(第3回)
ニーサ(少額投資非課税制度)の問題点について。 5年後のシミュレーションで、非課税枠を検証します。
NISAの落とし穴(第5回)【世代別NISA活用法】
初心者でもわかる! 貯める資産運用から増やす資産運用へ。 ●暫くは今話題のNISA(少額投資非課税制度)のお話が続きます 小額から始めて、安全・確実に資産を増やすためには、 投資のための正しい知識が不可欠です。
NISAの落とし穴「口座開設直前対策」 篇
NISAの受け付けがはじまりました。あせることはありません。 NISA口座を開設する前に、制度の基本と注意点を復習しておきましょう
NISAのロールオーバー【問題点、デメリット、落とし穴】
NISAのおはなしで、わかりにくいのが「ロールオーバー」のようです。 そこで、わかりやすいロールオーバーの解説をこころみました。 図無しでも、わかるロールオーバー。
ニーサの参考書
NISAの申し込み受け付けがはじまりました。 たくさんの参考書のなかから おすすめできるものを掲げます。
NISAと確定拠出年金/落とし穴、問題点、デメリット
「確定拠出年金・限度額の引き上げ来秋に」という報道がありました。  1月からNISAもはじまります。どちらも非課税という共通点ではありますが・・・。 NISAと確定拠出年金を検証してみましょう。 確定拠出年金の落とし穴、問題点、デメリット
NISA口座 毎年変更可能に・・・
NISA(少額投資非課税制度)口座開設の金融機関を 毎年変更できるようなる・・・・2015年から・・
NISA落とし穴【非課税枠の拡大と金融機関の変更可】
NISAの非課税枠の拡大の動き、そして 平成26年度税制改正による、 NISA口座の金融機関の変更、勘定期間内の再開設可能という話題を追ってみます。
ニーサの参考書 2014年
昨年NISAが始動する前に何冊かの参考書をご紹介しました。 数ヶ月が経った今も、様々な本やムック等が刊行されています。 (さっとですが)読んでみたものを取り上げていきます。