株式投資の基礎知識・その1

株式投資の基礎知識・その1

株式投資による資産運用リスク回避

 

株式投資資産運用に活用する場合のリスク回避するには、
どうしたらいいのでしょうか。
最初にあげられるのは、株を分散して購入する分散投資という方法です。
運用資金をすべて同じ株に投資してしまうと、
その企業の株価の値段が下がってしまった時に伴うリスクは
大きいものになってしまいます。
複数に分けて株を購入すれば、1つの企業の株価が値下がりしてしまっても、
他の企業の株が残るのでリスクが分散され、小さいリスクで抑えられます。
また、同じ時期に運用資金すべてを使って株を購入せず、
時期をずらして購入する方法もあります。
平均して株価は同じ時期に値があがったり下がったりするので、
時期をずらす事で高値づかみのリスクを少なく済ませる事ができます。
他にも色々な方法がありますが、このようなことの知識をつけることで、
株式資産による資産運用のリスクを回避できるのではないでしょうか?
《文・B.H》DATE: 11/24/2006 09:55:42 AM

 

 

 

 

株式とは /株式投資

株式投資資産運用に選んだのならば、まずは「株式」という言葉を学び、理解しましょう。
株式とは、株式会社を設立するためや、資金調達を目的として、
株式会社が発行する出資証券のことを株式と呼びます。
一般的に株式を株出資証券そのものを指す事が多いようですが、
法律の上では株主の権利の事を株式といいます。
資産運用で株式投資をするという事は、株を買うことでその企業に出資した事により、
間接的にその株式会社企業の経営に参加することになります。
よって資産運用に株を投資すると、株主になることになります。
その株主なることによって得る権利や買った株を購入した時よりも、
高い値段で売却することにより利益を得ると、株主投資の資産運用が成功したといえます。
《文・B.H》DATE: 12/07/2006 10:14:48 AM

 

株式投資で株主権利を取得

株式投資で、株主になると色々な株主だけの権利取得することができるようになります。
株主権利には様々な特典を受けることが出来ますが、
大きく分けると「株主自身の利益を目的とする権利」と
「会社経営への参入を目的とする権利」の二つに分けることができます。
資産運用で大事なのは、利益ですので利益を目的とする権利について紹介します。
投資した会社の経営が好調であれば、「配当金」が貰える権利があります。
また決戦期末に単位株を所有している場合ですと、
自社製品やサービスが無料で貰える株主優待制度が受けらる権利があります。
また株式分割で無償で株式を手に入れることができる無償増資の権利、
それに伴い新株発行差止できる権利もあります。
株式投資した会社が倒産した時は、残余財産の配分を受ける権利などもあります。
株主優待については皆様よくご存知なのですが、
株主投資で資産運用する際には、これらの株主権利を知っておく必要があります。
《文・B.H》DATE: 12/08/2006 10:26:00 AM

関連ページ

株式投資の基礎・リスクとリターン
株式投資は売却の際のキャピタルロスもあれば キャピタルゲインを手中にする可能性もある。 いずれにしても不確実なものである。 当然ながらリスクは投資家自身が負う。
NISAと株主優待、その落とし穴,デメリット (第1回)
NISA口座で株式投資をはじめる方々の間で 「株主優待」銘柄の話題が多くなっています。 NISAと株主優待銘柄について、投資初心者向きのお話しです。