株式投資の基礎・リスクとリターン

株式投資の基礎・リスクとリターン

株式投資に限らず資産運用におけるリスクは、いつも自身に銘じておかなければならないことです。
投資のリスクとはつまるところ、期待していたリーターンが得られないということになります。
元来投資の不確実性は心得ておくべきものであります。
銀行預金でしたら元本と、確定した利息を保証していますが、ご存知の通り、リターンともいえぬほどの極めて些少なものであります。
リターンを望むところ常に不確実であり、また応じたリスクが伴うものです。

 

様々なリスクがあります。
インフレリスク 信用リスク 流動性リスク 為替リスク 金利リスク 市場リスク 金利リスク 為替リスク価格変動リスク カントリーリスク 地政学的リスク

 

株式投資にあたっては、直接関わりのないリスクと思われるものもありそうですが、株価にはすべてのリスクが、少なからず影響を及ぼすものでしょう。

 

<以上追記 09/12/2011/H.K>

 

 

 

 

 

資産運用」という言葉について考えてみませんか。
「資産運用」というと、土地や建物などの不動産、
銀行や郵便局にある預貯金や株式投資など様々あります。
それら資産運用の一つとして株式投資を取り上げてみます。
バブルがはじけて10年以上経ちましたが、
いまだに日本経済の復活の兆しがなかなか見えてきません。
このような経済状況の中、
日本国自体の借金も大きく膨らみあがって、
収拾がつかないところまできているような現状があります。
自らの先の事、また老後を安心して過ごすためには、
もう国に頼りっぱなしでは少し無理があるのではないでしょうか。
自分がまだ若いうちに、安心して老後を過ごせる
資産を運用していくことが大切なのではないでしょうか。
<文/B.H>11/15/2006 09:52:55 AM

 

 

株式投資による資産運用のリスク

資産運用の一つに株式投資があると前回述べましたが、株式投資にはリスクがある商品だということを知っておく必要があります。
よくあるのが、株式の価格が購入した時より値下がりしてしまうリスクです。
一般的に株価は、買いたい人と売りたい人の需給関係によって株の値段が変動します。
株を所有するには、その株の価格が企業の価値より低いと感じ取れるよう、見極める力が必要になります。
株価が値下がりしてリスクをおう以外にも、株主に配当されるお金が下がってしまう「配当厳リスク」、株主優待が購入した時の条件に比べて悪くなってしまう「株主変更リスク」、株を購入した企業が倒産してしまう「倒産リスク」などその他にも色々あります。
このような、株式投資を使った資産運用のリスクを理解して、うまく付き合っていく事が株式投資には必要なことかと思われます。

 

<文/B.H>11/23/2006 02:23:05 AM

関連ページ

株式投資の基礎知識・その1
資産運用/株式投資の基礎知識をシリーズで。 今回は株式投資のリスク回避、株主権利について お話しします。
NISAと株主優待、その落とし穴,デメリット (第1回)
NISA口座で株式投資をはじめる方々の間で 「株主優待」銘柄の話題が多くなっています。 NISAと株主優待銘柄について、投資初心者向きのお話しです。